雑貨とマクロビ
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
その後

 

 

  塩分取りすぎが続いてしまっていたため ナッツの過食が

  おさえられなくなってしまって 脂肪の多いナッツの過食は

  身体の痒みを招いてしまい

  なかなか夜も眠れなくなってしまった なんて話を

  前にブログに書いたのだけど

 

  (脂肪の取りすぎは リンパがつまる原因となり

  つまったものが もれてきて それが体の

  痒みの原因にもなるそうです)

 

  ちょっと塩分取りすぎてるな と思ったのは 三月の半ばごろで

  そのころは塩味をしっかりつけた おにぎりを毎日 

  二〜三個食べるようにして梅干しも一日 二〜三個とか

  食べたりして お味噌汁も濃い味つけにしていました

  三月の半ばころからは おにぎりは週一くらいに

  梅干しも 一日 一個食べたり食べなかったりという風にして

  味噌汁も味も薄めを意識してと変えていったところ 

  毎日のようにやめられなかったナッツの過食がおさまったようで

  ナッツ絶ちをして 今日で三週間になりました

 

  まだ三週間といわれるかもしれないけど 食べたらだめだと

  思いつつも 食べることをおさえられなくなっていたことを

  考えると 三週間食べずにいられているのは いい変化かなと

  思っていますはは

 

  それも無理に我慢しているとかではなくて いつの間にか

  自然と手がのびなくなっていって ナッツが置かれているのを

  見ても 食べたいなと思ったりはしても そのままスルー

  できています

 

  ナッツがやめられなかった時って 美味しいって味わって

  食べるというよりかは 無心にずっと食べつづける みたいな

  異常な食べ方だったから 塩分減らしてみて それが

  おさまってきたというのは やっぱり塩分のとりすぎが

  ナッツの過食につながっていたのかなとおもいました

 

  身体の痒みは 完全になくなったわけじゃないけど

  少しだけ ましになってきた氣がしていて 夜も前は

  1〜2時間くらいし寝れなかったのが 今は 毎日では

  ないけど 3〜4時間ほど寝れる日もでてきて 少し

  ほっとしています

 

  マクロビを始めると身体が以前よりも 食べ物に対して

  敏感に反応するようになってしまうため

  (ある程度 続けて身体ができてくると過敏に反応

  することもなくなっていくそうだけど)

  食べ物が体に与える影響の大きさを実感することが

  よくあって 本当に失敗って一番の勉強だなと思います

  勉強になるといっても やっぱり辛いから できるだけ 

  そういう勉強する前に氣づけるように

  なれたらいいんですけどね溜息

 

  それから脂肪を取りすぎた時おこる 身体の排出は痒み以外にも

  いろいろあって

 

  鼻水 おりもの 目やに 痰 耳垢などが増える

 

  ウイルスのエサになりやすいので風邪を

  ひきやすくなったり リンパ節(身体の節々)が

  引き始めの時に痛くなったりするのだとか

 

  また粘膜がドロドロとしてくることで 埃とか付着しやすく

  なって それがアレルギーの症状として でてしまったり

  するそうです

  

たんぽぽコーヒーとか

 

 

  ここのところ たんぽぽコーヒーが喘息に良いというので

  よく飲んでいます

 

  その他は 胃腸病 消化不良 便秘 黄疸 腎臓病 利尿に

  効果ありだそうです

 

  コーヒーというだけあって 見た目濃い色をしていますが

  味は コーヒーとは違っていて

 

  コーヒーだと牛乳を足さないと苦くて飲むのが辛かったけど

  これは 苦くないので 飲みやすくて 私はたんぽぽコーヒーの方が

  好みだと思いました

 

  たんぽぽコーヒーは こんな感じでティーパックになっているので

  いれるのも簡単です

 

  

 

  このたんぽぽコーヒーを買ったのは フルーティヤさんという

  ネット販売をされているお店で 食養を始める前は ナッツが

  身体にいいんだ と思いこんで よくナッツをキロ買いして

  食べたりしていました

 

  (ナッツは健康な人が 時々 少量食べる分には問題ないけど

  マクロビでは体調が悪い人なんかは さけた方がよいとされています)

 

  今は あると食べるの止まらなくなりそうで ナッツ類は

  買わなくなったけど(でも母もナッツ好きでよく買ってくるので

  我が家はいつも ナッツは常備されていて 結局我慢できずに

  食べたりしてしまったりなんですが溜息)

   

  フルーティヤさんはドライフルーツとかお茶とかいろいろあって 

  今回はデーツという ドライフルーツも買ってみました

 

  このデーツは 小豆と合わせて炊くと 餡子の甘味つけにも

  なるというので 小豆を煮てデーツで甘味をつけて餡子を作って

  それに寒天液を加えて 羊羹を作ってみました

 

  

 

  分量は こんな感じかなあ と適当で作ってみたので

  出来上がりは 羊羹ぽい寒天が出来ました

 

  お味は 甘味控えめで結構 自分好みだったので

  今度は もう少し寒天の量を減らして また作ってみようと思ってます

 

  今回はデーツを買ったので 買わなかったけど ここのレーズンが

  美味しくておすすめです

 

  昔はレーズンの味と食感が苦手で 食べられなかったけど

  レーズンサンドを職場の人から進められた時に レーズン嫌いと

  いいだせなくて 恐る恐る食べてみたところ 思いのほか

  美味しくて それからレーズンサンドは食べられる

  ようになったので これなら レーズンそのものも食べられるかなと

  思って 市販されているレーズンを食べてみると やっぱり

  味と食感が苦手だなと感じました

 

  それである時 天然酵母を作って パンを焼いてみたいと思った時に

  調べると レーズンを使うと失敗がないというので フルーティヤさんで

  レーズンを買って 天然酵母作りに使おうと思っていたけど

  一口と思ってレーズンを食べてみると 美味しくて止まらなくなって

  しまって そのレーズンは酵母になる前に 全部なくなってしまいましたはは

 

  そんな レーズンが売ってるフルーティヤさんへは こちらからいけます

 

  

  

梅仕事

 

 

  梅干しは 私にとってお薬のような存在で あると

  安心するものですラブ

 

  さすがに 酷い喘息発作には なかなかきかないけど

  ちょっと シンドイくらいなら 梅干しでおさまって

  くれたりします

 

  なので 今年は 梅干し自分で作ってみたいと思っていて

  その前に 青梅シロップを作ることにしました

 

  

 

  梅シロップは沢山のお砂糖が必要になるから 本当は

  作るつもりは なかったのだけど マクロビの奥津先生の

  動画にて梅干しと梅シロップをおすすめされていて

  梅の効果でシロップに使う甘味の負担を最低限にしてくれるというので

  先生の言う事はとりあえず素直にきく私は 

  そうかぁ じゃあ 一度くらいは作ってみるかと思って 

  作ってみることにしました

 

  梅シロップは 氷砂糖を使って作ることが多いのではないかと

  思うけど 先生の作り方は 米飴と黒糖と氷砂糖を1対1対1の

  割合で作るそうで 氷砂糖に黒糖のミネラルと米飴の陽性さも

  加えることで 陰性すぎないシロップになってくれ 

  しあげに梅酢を加えることで(カップ1〜カップ半分ほど)

  醗酵をおさえられるそうです

  この梅シロップは スポーツドリンクのかわりにもなると

  言われていたので 真夏の暑い日に水筒に入れて持ち歩こうと

  思ってます

 

  ネットで梅シロップの作り方を調べてみると 梅と同じ分量ほどの

  砂糖が一般的みたいだけど 甘味控えめにしたい場合は

  梅1キロにたいして本当は氷砂糖も1キロのところ 氷砂糖700gでも

  よいとあったので 私の場合は 梅1キロ弱にたいして 

  黒糖300g 米飴300g 氷砂糖200gいれてみました

 

  

 

  なんかぎゅうぎゅうになってしまって ちゃんと混ざるか

  心配だけど 出来上がりが楽しみですはは

明日は新月

 

 

  明日は新月ですねはは

 

  新月や満月の日は パワーストーンを月光浴させて浄化をしたり

  ムーンウォーターを作ったり 新月の日にお願い事を書いて

  その書いた紙を満月の日に焼くことによって 

  願い事がかなったりするというので いつも新月と満月の日は

  意識していたりするのだけど

 

  マクロビ的にも新月・満月は意識した方がいいようで

 

  特に寒い季節の新月の日は 年配の方や身体が硬い方などは

  注意が必要で身体が冷えてしまってくるから 

  血管がしまってきて 血管に老廃物がたまっていたりすると

  ふさがりやすくなり 脳溢血を起こして 倒れやすくなる

  なんてこともあるそうです

 

  そんな新月の日に おすすめなのが 玄米小豆ご飯を食べることで

  (満月の日にもおすすめです)

  身体がしまるので 小豆ご飯で排出の力が強くなって 

  より身体の中を綺麗にしてくれるのだそうです

  身体を温めてもくれて 代謝もよくなり

  身も心からも いらない老廃物を燃焼してくれて

  活力を与えてくれる小豆玄米ごはん これはぜひ活用しなくては と

  私も新月・満月の日には小豆玄米ご飯を食べる日にしようと

  思っています

 

  そんな小豆玄米ご飯の 消化もよくしてくれる

  ごま塩やお漬物と昔ながらの製法 材料で作られたお味噌で

  作ったお味噌汁と食べるのがおすすめです

 

  そして 小豆は寒い地域のとこのものが水氣を排出してくれる

  力が強いので いいそうです

  

  小豆はアクも強いので 浸水させて30分くらいしたら

  お水を一度すてて 新しく水を入れ直した方がよいそうで

  炊くときには小さな昆布と一緒に炊くと やわらかくなるそうですはは

 

  

もうすぐ夏ですね

 

 

  だんだんと暖かくなってきて 外を歩いていても

  氣持ちいい時期になってきましたゆう★

 

  私は春の排出も関係してか ここのところ 身体の

  痒みがきつくて なかなか夜も寝れない日が続いています

 

  以前は 夜に徹夜なんかしてしまうと次の日は ぼーと

  してしまって同じポーズのまま 固まって動かなくなるので

  友達に おばあちゃんみたいになってるよ なんて

  いわれていたのですが 今は大分 まともに寝れていないにも

  かかわらず 日中 普通に動けていたりするので

  それは食養のおかげなのかなと思っています

 

  それでも 細かい作業をする集中力が続かないので縫い事が

  できなくて やらなきゃと氣ばかりがあせってしまってる

  とこなのだけど溜息

 

  春の季節の排出は冬の間に身体に蓄積された脂肪や塩分などの

  排出をしてくれる時期で アレルギー体質の私は

  陰性の体質だろうから とにかく陽性のものを多くとって

  身体を中庸に近づけていかないと と思って せっせっと

  塩分や陽のものをとり続け そうしていくうちに 塩分過多になってしまい

  塩をとりすぎてしまうと 身体は脂肪を欲してしまうそうで 

  私の場合は ナッツ(ナッツは脂肪が多いです)

  の過食が抑えられなくなってしまって だいぶ食べ過ぎていたので 

  そういうものも 今排出されているところなのだろうか?

  といったところです

 

  私 また やりすぎて身体のバランス崩してしまってたんだなぁと

  反省もしているとこなのだけど

  今みている マクロビの奥津典子先生の動画で 先生は

  失敗することは 財産にもなるから必要なこと

  失敗することで氣づくこと 失敗しないと氣づけない事も

  沢山あるので どんどん失敗して酷い目にあって下さい

  (でも自己責任でねニコッ)といわれているので

  沢山失敗して いろいろ酷い目にあってる私としては 

  失敗ばっかだけど いいんだ とだいぶ 氣持ち的に救われてます笑い

 

  でも なるべく 酷い目にはあいたくないので もっと勉強して

  ちゃんと正しい事 身に着けたいと改めて思いました

 

  そして これから くる夏にむけての おすすめの食べ方を少しだけ

 

  梅雨の前には 乾物や海藻などがおすすめで 乾いたものを

  食べることで 身体も少し乾燥ぎみになって 梅雨の湿氣いっぱいの

  季節がきた時に 身体は水分を保持して(皮膚からも水分は吸収されて

  いくので)身体に水分がいきわたっていくので 夏がきた時に

  強い日差しに負けない身体になれるそうです

 

  そして 湿氣の多い時に特に合わない食べ物が乳製品で

  乳製品は身体に水分をためこみやすくしてしまうので

  湿氣の多い季節は控えた方がいいみたいです

 

  私も食養始める前は 乳製品は身体にいいんだと思いこんで

  毎日 ヨーグルトを朝・昼・晩 チーズも沢山食べ ヤクルトも

  かかさず飲んでいたら どんどん喘息症状が悪化していき

  (乳製品以外にも悪化した理由はあるけど)発作がでていない時で

  すら 深呼吸すると半分くらいしか 肺に空氣が入ってこない

  なんて状態になっていました

  (乳製品をほとんど とらなくなった今は シンドイ時でも

  深呼吸すると最後の方まで空氣はいってきます)

 

  そして 人の血液の赤血球は3〜4か月で変わっていくので

  今食べているものの影響が3〜4か月後にでてくることに

  なるので(すぐでてくるものもあるけど) 4月くらいから

  身体に熱をこもらせてしまう お肉を控えておくことで

  暑い夏がきた時に暑さに負けないで過ごしやすい身体に

  なれるそうです

 

  暑い夏にお肉を食べるということは 身体の中でストーブを

  炊いているようなものだそうです

 

  私は去年の夏は調子にのって身体を冷やす食べ物や飲み物を

  沢山取り続けてしまって 寒くなってきた秋くらいから

  がたがたと体調をくずしてしまい それをいまだに

  ひきづりがちでもあるので 今年の夏は適度に身体を

  冷やすものを取り入れて夏を過ごしやすくしつつも

  秋から 困った事にならないように 身体を冷やす食べ物は

  八月の半ばくらいまでとしとこうと思ってます