PROFILE
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECOMMEND
ブログランキング参加しています ポチしてもらえると嬉しいです
ネットショップ/ハンドメイドサイト
                                                                                        minne
ツイッター
LINKS
OTHER


MOBILE
qrcode
<< お味噌汁のお話 | HOME | 今年もありがとうございました >>

▼ コメントに飛ぶ ▼

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -

 

  今回もまた お味噌汁話の続きになります。

 

  今日は お味噌汁のお出汁のこと

 

  マクロビでは 基本的には植物性のお出汁が

  おすすめされています

 

  気候の変化にともなって いりこ や 鰹節のお出汁も

  時には必要になってくる場合もある といわれていますが

  これまで現代的な食事をしてきて 動物性のものをたくさん

  取りすぎてきた人は しばらくの間は植物性のお出汁に

  しておいた方が 身体が早くいいほうに変わっていくと

  いわれています

 

  骨ガン・前立腺ガン・リューマチなど陽性の症状がある人は

  動物性のお出汁をやめるだけでも 痛みや痒みなどが

  和らぐそうです

 

  おすすめのお出汁

  

  昆布だし

 (陽性なお出汁だから寒い季節むきで暑い時は控えめに)

  男性に必要なことも多く パワーになってくれます

  血を濃くして身体をひきしめるものだから

  子供や妊婦さんにはあまり 濃すぎず控えめにとる

  くらいがいいそうです

 (600ccに3センチ×2センチでも濃いこともある)

  血液が固まりやすい人も毎日の使用にはさけた方が

  よくて(動物性のものを多く食べてきた45歳

  以上の女性も)

  橋本病・肝臓病の症状がある場合は避けた方が

  よいそうです

 

  水に一時間から一晩 昆布を浸しておきます

  (冷蔵庫で2日は持ちます)

  600ccに5×8センチ程度が目安

  薄いと感じたら最初のころは 増やしてもいいけど

  濃いほど陽性になります

 

  沸騰させるとでてきた旨みが昆布に戻ってしまうので

  おすましなど具の少ないものは沸騰直前で取り出した

  方がおいしくなるけど 昆布と煮ると具材が早く

  煮えるので 具だくさんなお味噌汁の場合は

  そのまま 一緒に煮てもいいそうです(お好みで)

 

  干し椎茸だし

 (強い陰性なお出汁)

  動物性の蓄積されたものや老廃物を溶かしてくれるから

  お肉などの動物性を沢山とる人におすすめ

  血流の流れが悪くなっている人・外食の多い人

  マクロビを始めたばかりの人におすすめ

  ベジタリアン暦の長い人は無理にとりすぎない方がいいです

  肝臓の硬い人(肝硬変・脂肪肝)顔色の黄色い人

  リューマチ・怒りっぽい人・歯ぎしりする人・女性の更年期障害

  の人におすすめです

  逆に糖尿病・皮膚ガンの人は避けた方がいいそうです

  赤ちゃんや子供に毎日濃い干しシイタケの出汁をあげるのは

  刺激が強すぎだそうです

 

  戻した後10分くらい加熱すると旨みがでて煮立てると良い

  出汁がでるそうです

  椎茸の香りが苦手という場合は 乾燥したものを

  すり鉢で砕いて お湯が沸いてからいれると臭みが

  でにくいそうです

 

  乾燥わかめだし(中庸で季節を問わず万人むけに使えます)

  女性・妊婦さんに特におすすめで赤ちゃん・年配の方にも

  毎日つかえるお出汁だけど うまみが弱く 男性には

  不評の場合もあります(とくに現代の食生活で舌が鈍くなって

  いるとうまみを感じられないそうです)

 

  塩蔵わかめだし 塩蔵わかめの塩を軽く洗って使うと

  乾燥のものよりかは うまみを感じやすいそうです

  赤ちゃん・お年寄り 妊産婦さんには五分くらい しっかり

  塩を抜いてから使います

 

  切干大根だし

  甘味が強くやや陰性の出汁

  動物性の老廃物・蓄積 陽性過剰を溶かしてくれるから

  外食の多い人・マクロビを始めたばかりの人におすすめ

  ダイエットの効果もあるそうです

 

  切干大根はさっと洗って使い 茶色くなっている場合は

  しばらく戻してその水は捨ててから使います

 

 

  味の濃い出汁になれた人(特に男性)は出汁がきいていない 

  お味噌汁では満足できないという場合もあるそうで

  出汁のうまみ成分は組み合わせることで より濃く感じることが

  できるそうで昆布やきのこ類の組み合わせが 始めのころには

  おすすめです

  それに甘味のある素材と組み合わせると 濃く感じるので

  甘い野菜(玉ねぎ大根・人参・キャベツ・豆もやし

  えのき・とうもろこし・炒めたごぼう炒めたしめじなど

 (炒めるときは 油を使わず少しのお水を使って炒める

  ウォーターソテーで))

 

  (また 出汁を使わなくても 甘味のある野菜を使うとおいしい

  お汁になります)(春夏・妊産婦・更年期以降の女性むき)

 

  あと えのき・しめじ・マイタケなどのきのこ類を天日で

  干しておくとより濃い出汁がでます 

 

  それでも ものたりないという場合は なれるまでは

  男性のものだけ器に鰹節を入れて置いて お味噌汁を入れる

  などすると満足しやすいそうです

 

 

 

  これは 私の好みでマクロビではおすすめされてる

  わけじゃないけど お味噌と一緒にお味噌と同量

  くらいの酒粕を一緒に加えると美味しいので

  よくやっています

  あとショウガをしっかりきかせたお味噌汁も好きで

  よくつくります

 

  お出汁は濃いほど陽性になるので 濃いお出汁を

  取り続けていると 身体は無意識のうちにそれを

  薄めようとして お酒や砂糖などの甘い物(極陰)

  のものが欲しくなってしまうそうです 

 

  話はかわりますが 今日は クリスマスですねクリスマス

  私は 食養をはじめて 三年半ほどですが 

  始めてから はじめてクリスマスにケーキを食べましたペコちゃん

  これまでは用心して食べなかったり 調子悪くて

  食べれなかったりでクリスマスとは無縁の(味噌汁と玄米と煮物)

  お食事だったけど 今年はケーキに大好きなカキフライなど

  好きな物を思いっきり食べました(内心 その後どうなるかと

  びくびくしていましたが 今のとこ元氣です)

  

  

 

  やっぱり クリスマスにケーキは嬉しいゆう★

  

  

  

| マクロビのおすすめ | comments(0) | -
| - | - | -