雑貨とマクロビ
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 小豆のお話 | main | 三年がすぎまして >>
体温のお話

 

 

  マクロビでは 陰と陽という言葉がよくでてきます

 

  陰は 緩める力 冷やす力を持つ食べ物や調理方法など

  陽は 締める力 温める力を持つ食べ物や調理方法などを

  表しています

 

  陰性過多になってしまうと血液が薄くなりすぎて

  身体がゆるみすぎてだるくなって動けなくなってしまったり

  陽性過多になりすぎると 血液が濃くなりすぎてしまって

  いらいらして怒りやすくなったりしてしまいます

 

  寒い時期はある程度 血液が濃い方がいいけど

  暑い時期にまで 血液が濃いとドロドロ血になって

  突然倒れたりなんてことにもつながってしまうので

  暑い季節は血液を薄くする食べ方が必要になってきます

 

  そして陰性にも陽性にもかたよりすぎることなく

  その間の中庸に身体をもっていくことで健康に過ごして

  いける身体になることができるのだけど

 

  自分が今 陰性に傾いているか 陽性に傾いていないかと

  判断する材料の一つに体温を測るという事があって

  マクロビでは体温は最低でも36.6度はあった方がいいと

  されていて(年配の人は36.5度でもいいそうです)

 

   そして36.7〜8度あたりが調子よく 過ごせる体温だそうで

  36.6度よりも低い場合は 陰性よりになるので

  その時は質のよいお味噌汁を少し濃いめの味付けでとったり

  するのがおすすだそうです

 

  そのことを知ってから 毎日 体温チェックをするようになったのだけど

  私の体温はだいたい37.1〜37.3度くらいで ちょっと高すぎるの

  だろうなといった感じでした

 

  37度すぎというと 微熱といってもいい体温ではあるけど

  身体の調子で頭が痛いとかだるいといった症状は全然なくて

  (身体の痒みには いまだ悩まされてますが) お肉を食べてないからか

  今の時期でも そんなに暑さは感じにくくて 外を出歩いたり

  室内でも動きまわってたり 熱いものを食べたり飲んだりすると

  じんわりと暑くなって汗をかいたりするけど 室内でじっとしている分には

  ちょっと涼しい感じさえします

 

  昔 食べ物が身体に影響を与えるとと思いもしなくて 好き勝手に食べていた頃も

  毎日のように37度超えしていた事があったけど そのころは 身体がだるくて

  頭も痛いし 凄く疲れやすくて 仕事から帰ってくると 服を着替える余裕も

  なく しばらく頭を冷やして横にならないといられない状態だったので

  同じ体温が高くても 全然ちがう状態のだろうなと思っています

 

  痒み以外は体調は悪くないとはいえ もっと体温さげるために

  陰性さをとりいれていかなとなと思って

  週に一度 冬場は控えていた果物のリンゴを葛湯と

  煮て飲んでみたり(りんごは果物の中では陽性ではあるけど)

  きゅうりや大根 人参などの野菜を塩や味噌につけて

  一日ほどおいて 漬物サラダみたいにして食べてみたり

    (火入れの時間が短いほど陰性な調理法になります 野菜を

  生で食べるのは あまりおすすめされていないマクロビでは

  塩氣をたして しばらくおいて生に近い状態で食べることが

  すすめられています このとき 塩分がきつすぎる場合は

  食べる前に水で洗った方がよい場合もあります)

  お味噌汁の味は薄味で 夏野菜も取り入れてなどと

  自分なりに陰の力を取り入れてみたつもりだったけど

 

  もともと陰性過多の体質でアレルギー症状に悩まされてきたのもあって

  陰性のものをとりいれるのに慎重になってしまって

  なかなか上手く身体を中庸にもっていけない状態でした

 

  陰性の食べ物の取り入れ方がたりないというのと 根菜(陽性)の水なし炊きに

  はまっていて よく食べていたので それらも多すぎているのだろうなと

  思って もう少し減らさないとと思いつつ

 

  梅雨があけたら 果物を生で食べるようにして 根菜の水なし炊きの

  回数も減らしていこうと 呑気にかまえていたのだけど

  じっくり火入れした きんぴらごぼうを食べたその後すぐのこと

  身体がみょうに ほてってくる感じがして 体温を測ってみたら

  37.7度になっていました(ごぼうは身体をあたためる作用はあるけど

  血をさらさらにしてくれる効果もありなので 夏にもおすすめの

  食べ物ではあるけど 食べ方はじっくり火入れしたきんぴらよりも

  梅干しと一緒に煮た 梅煮のような食べ方がいいみたいです)

 

  その時は暑いとまでは思わなかったけど さすがに37.7は

  駄目な氣がすると思って 30分ほどクーラーをかけて

  身体を冷やすと体温は37.4度に下がりました

 

  その事もあって反省して もっと しっかり陰性のものを

  とりいれていこうと 果物を生で食べてみたり 普段は食べない

  陰の強いトマトやナスを食べてみたり

  あまり時間をかけない調理法も増やしていって

  身体を冷やす寒天食べたりして陰性の力を多くするとともに

  火入れ時間が長めになる陽の力をもつ根菜の水なし炊きは

  体温が36.8度まで下がるまでは やめておこうと思って続けていくと

  二週間ほどで 体温が36.7度にさがってくれました

 

  なので 久々に南瓜や人参の水なし炊きを楽しみたいと

  おもっているけど また 陽をとりいれすぎて

  体温あがりすぎてもいけないし 逆に陰をとりいれすぎて

  体温が下がりすぎてもよくないので 体温計と相談しながら

  食べ方を考えていこうと思っているところです

スポンサーサイト
COMMENT