PROFILE
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECOMMEND
ブログランキング参加しています ポチしてもらえると嬉しいです
ネットショップ/ハンドメイドサイト
                                                                                        minne
ツイッター
LINKS
OTHER


MOBILE
qrcode

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -

 

  だいぶ 間があいてしまいましたが 今回は

  お味噌汁シリーズの最後です

 

  お味噌汁の作り方

  今更 味噌汁の作り方くらい と思われそうですが

  一般的な作り方と 違うところもあるので

  書いていきます

 

  こちらの作り方は オーガニックベースさんの

  はじめるコースで紹介されている作り方になります

 

  マクロビの基礎が学べる はじめるコースでは

  調理の仕方の動画もみることが できるのですが

  今まで マクロビの本を読んでやっていた事が

  動画で見ると ちょっとやり方間違ってたという

  ところも分かって やっぱり動画だとわかりやすくて

  いいなぁと思いました

 

  はじめるコースの詳細は こちら からみれます

 

  それでは 味噌汁の作り方です

  野菜の切り方とかも とても大事なのですが

  あれこれ一度に書くと なんかマクロって面倒って

  なりそうなので 今回は そういうことは おいといて

  作り方のポイントだけ書いていきます

 

  ポイント1

  火加減は弱火から中火で煮ます

 

  野菜をあまりグラグラと煮たててしまうと 十分に甘味が

  でずにアクとしてでてしまうので 鍋の中がクツクツくらいの

  火加減にします(あまり弱すぎても 物足りない味になって

  しまいます)

 

  そしてスープを作る時は蓋はしないで作ります

  そうすることで 野菜の臭みが逃げ 美味しいスープに

  なるそうです

 

  ポイント2

  季節に合わせて調理時間を変えてみます

 

  調理時間が長いほど 陽性になり 反対に短いほど

  陰性なスープになるので 陰性なものがより必要に

  なってくる 春夏のスープは調理時間は短めに

  陽性なものがより必要になってくる 秋冬には

  長めに調理するのがおすすめになります

 

 (毎回じゃなくていいけど)春には春におすすめの青菜を

  軽く煮てみたり野菜も小さ目にきってみたり

  夏にはみじん切りにして加熱時間を短縮させたり

  秋冬はちょっと大き目に切って長く煮てみたりするのが

  おすすめです

 

  ポイント3

  出汁は植物性をメインにします

  毎日のお味噌汁には麦味噌がおすすめです

 

  時には豆味噌や白味噌などをまぜても美味しいです

  味噌の味は あまり濃すぎない方がいいです

 

  春夏には少し味を薄めに 秋冬には濃いめの

  味にするのがおすすめです

  お出汁とお味噌のことは前に書いたので 

  今回はこのくらいで

 

  ポイント4

  味噌はすり鉢ですって入れます(訂正あり)

 

  一般的には金物の味噌漉しで味噌をとき入れる事が

  多いと思いますが マクロでは味噌は鍋に入れる前に

  すり鉢ですってからいれることをすすめられています

 

  すり鉢でするといいこと

  することで味噌の表面積が大きくなって同じ量でも

  濃く感じることができて味噌も減らせる分減塩にもなる

 

  するという圧力をかけることで 味噌の醗酵成分が

  活発になるのだそうです

 

  すり方

 

  すり鉢に味噌をいれてすります

  そして別の器に 野菜を煮て熱くなった出汁をいれます

 

  このとき 熱い出汁を直接すり鉢の中に入れてしまうと

  味噌がびっくりしてしまうので 別の器に出汁をいれ

  スプーンで一杯出汁をすくって すり鉢にいれて味噌をとき

  すくっては味噌をときを 繰り返してみそを出汁で

  とかしていきます

  (もう一度 DVD見直してみたら スプーンではなく器から

  直にすり鉢に少しずついれて味噌を溶かしていました

  私は味噌をとかしながら 片手ですり鉢でするのが

  やりにくかったため スプーンで少しずつ出汁を加えて

  やっていたのを DVDで教わったことと混同して

  書いていたようです

  間違ったことかいてすみませんでしたぺこり

 

  このすり鉢でする事は マクロ本で書かれていたから

  やっていたのだけど その時は味噌に直接 熱い出汁を

  どばどば入れて味噌を溶かしていたので 全然違ってた

  事が動画をみて分かりましたゆう★

 

  そして といた味噌を鍋に入れる時は 一度火をとめて

  フツフツとしていた鍋の中を落ち着かせてから

  味噌を回しいれます

  そしてやさしくかき混ぜてから また弱火にかけます

 

  脂肪分を含んでいる味噌をそのまま食べてしまうと

  消化によくないので 1分〜3分ほど弱火で煮ます

  (そのまま食べてしまうと 過剰な塩分の害による

  むくみ・喉の渇き・心臓負担・嗜好品やアルコールが

  欲しくなる・腸・呼吸器が弱る・肌を傷めるなどの

  害があるそうです)

 

  このとき沸騰させてしまうと 大事な菌が死んでしまうので

  弱火で煮ることが大事です

 

  あと これはべつにマクロで進められてたことじゃないけど

  やっているのが すり鉢で味噌をする前にゴマをすり鉢で

  粒がなくなるくらいまで すっておいて そこに

  味噌をいれて さらにすり合わせたものを使っています

  黒ゴマでやっているから 見た目が黒汁になって あまり

  美味しそうにはみえないのですが

  ゴマのコクが加わって美味しいので最近のお氣にいりです

  今は身体を温めてくれる作用のある黒ゴマでやっていますが

  暖かくなってきたら 白ごまでもやってみようと思って

  います

 

  ポイント5  

  薬味をプラスします

 

  長く煮たという陽性さに 生・新鮮さという陰性の薬味を

  加えることにより 一椀で陰陽が完成します

 

  最後に薬味を加える 些細なことのようですが これが

  とても大きな影響があるそうで 毎日 薬味がない味噌汁を

  飲み続けていると 陽性になりすぎてしまって困ったことに

  なります

 

  顔色がくすんで 雰囲気に華やかさがなくなり 若々しさが

  失われていく

  氣持ちも沈んで思いつめやすくなったりしてしまうそうです

 

  味わい深い味噌汁に新鮮な薬味を散らすことで それと

  同じように 味わい深さと軽やかさの両方をもった雰囲気と

  内面になれるのだそうです

 

  男性の場合も 強さと柔軟さ男らしさ いい意味での

  繊細さを合わせもつ 雰囲気・思考・肉体になっていくの

  だそうです

 

  私は それを知るまでも 薬味は加えていたけど

  薬味にも火を通したくて味噌と一緒に入れて少し煮ていたのを

  即 器に味噌汁をもった後に薬味を入れるようになりました

 

  (氣の流れがいい子供には薬味を無理強いする必要はないです)

 

  薬味は 大葉・パセリ・セロリの葉・ねぎ・ショウガ・三つ葉

  レモンの皮・ゆずの皮・ごま・海苔など

 

  

  

  

  

| マクロビのおすすめ | comments(0) | -

 

  今回もまた お味噌汁話の続きになります。

 

  今日は お味噌汁のお出汁のこと

 

  マクロビでは 基本的には植物性のお出汁が

  おすすめされています

 

  気候の変化にともなって いりこ や 鰹節のお出汁も

  時には必要になってくる場合もある といわれていますが

  これまで現代的な食事をしてきて 動物性のものをたくさん

  取りすぎてきた人は しばらくの間は植物性のお出汁に

  しておいた方が 身体が早くいいほうに変わっていくと

  いわれています

 

  骨ガン・前立腺ガン・リューマチなど陽性の症状がある人は

  動物性のお出汁をやめるだけでも 痛みや痒みなどが

  和らぐそうです

 

  おすすめのお出汁

  

  昆布だし

 (陽性なお出汁だから寒い季節むきで暑い時は控えめに)

  男性に必要なことも多く パワーになってくれます

  血を濃くして身体をひきしめるものだから

  子供や妊婦さんにはあまり 濃すぎず控えめにとる

  くらいがいいそうです

 (600ccに3センチ×2センチでも濃いこともある)

  血液が固まりやすい人も毎日の使用にはさけた方が

  よくて(動物性のものを多く食べてきた45歳

  以上の女性も)

  橋本病・肝臓病の症状がある場合は避けた方が

  よいそうです

 

  水に一時間から一晩 昆布を浸しておきます

  (冷蔵庫で2日は持ちます)

  600ccに5×8センチ程度が目安

  薄いと感じたら最初のころは 増やしてもいいけど

  濃いほど陽性になります

 

  沸騰させるとでてきた旨みが昆布に戻ってしまうので

  おすましなど具の少ないものは沸騰直前で取り出した

  方がおいしくなるけど 昆布と煮ると具材が早く

  煮えるので 具だくさんなお味噌汁の場合は

  そのまま 一緒に煮てもいいそうです(お好みで)

 

  干し椎茸だし

 (強い陰性なお出汁)

  動物性の蓄積されたものや老廃物を溶かしてくれるから

  お肉などの動物性を沢山とる人におすすめ

  血流の流れが悪くなっている人・外食の多い人

  マクロビを始めたばかりの人におすすめ

  ベジタリアン暦の長い人は無理にとりすぎない方がいいです

  肝臓の硬い人(肝硬変・脂肪肝)顔色の黄色い人

  リューマチ・怒りっぽい人・歯ぎしりする人・女性の更年期障害

  の人におすすめです

  逆に糖尿病・皮膚ガンの人は避けた方がいいそうです

  赤ちゃんや子供に毎日濃い干しシイタケの出汁をあげるのは

  刺激が強すぎだそうです

 

  戻した後10分くらい加熱すると旨みがでて煮立てると良い

  出汁がでるそうです

  椎茸の香りが苦手という場合は 乾燥したものを

  すり鉢で砕いて お湯が沸いてからいれると臭みが

  でにくいそうです

 

  乾燥わかめだし(中庸で季節を問わず万人むけに使えます)

  女性・妊婦さんに特におすすめで赤ちゃん・年配の方にも

  毎日つかえるお出汁だけど うまみが弱く 男性には

  不評の場合もあります(とくに現代の食生活で舌が鈍くなって

  いるとうまみを感じられないそうです)

 

  塩蔵わかめだし 塩蔵わかめの塩を軽く洗って使うと

  乾燥のものよりかは うまみを感じやすいそうです

  赤ちゃん・お年寄り 妊産婦さんには五分くらい しっかり

  塩を抜いてから使います

 

  切干大根だし

  甘味が強くやや陰性の出汁

  動物性の老廃物・蓄積 陽性過剰を溶かしてくれるから

  外食の多い人・マクロビを始めたばかりの人におすすめ

  ダイエットの効果もあるそうです

 

  切干大根はさっと洗って使い 茶色くなっている場合は

  しばらく戻してその水は捨ててから使います

 

 

  味の濃い出汁になれた人(特に男性)は出汁がきいていない 

  お味噌汁では満足できないという場合もあるそうで

  出汁のうまみ成分は組み合わせることで より濃く感じることが

  できるそうで昆布やきのこ類の組み合わせが 始めのころには

  おすすめです

  それに甘味のある素材と組み合わせると 濃く感じるので

  甘い野菜(玉ねぎ大根・人参・キャベツ・豆もやし

  えのき・とうもろこし・炒めたごぼう炒めたしめじなど

 (炒めるときは 油を使わず少しのお水を使って炒める

  ウォーターソテーで))

 

  (また 出汁を使わなくても 甘味のある野菜を使うとおいしい

  お汁になります)(春夏・妊産婦・更年期以降の女性むき)

 

  あと えのき・しめじ・マイタケなどのきのこ類を天日で

  干しておくとより濃い出汁がでます 

 

  それでも ものたりないという場合は なれるまでは

  男性のものだけ器に鰹節を入れて置いて お味噌汁を入れる

  などすると満足しやすいそうです

 

 

 

  これは 私の好みでマクロビではおすすめされてる

  わけじゃないけど お味噌と一緒にお味噌と同量

  くらいの酒粕を一緒に加えると美味しいので

  よくやっています

  あとショウガをしっかりきかせたお味噌汁も好きで

  よくつくります

 

  お出汁は濃いほど陽性になるので 濃いお出汁を

  取り続けていると 身体は無意識のうちにそれを

  薄めようとして お酒や砂糖などの甘い物(極陰)

  のものが欲しくなってしまうそうです 

 

  話はかわりますが 今日は クリスマスですねクリスマス

  私は 食養をはじめて 三年半ほどですが 

  始めてから はじめてクリスマスにケーキを食べましたペコちゃん

  これまでは用心して食べなかったり 調子悪くて

  食べれなかったりでクリスマスとは無縁の(味噌汁と玄米と煮物)

  お食事だったけど 今年はケーキに大好きなカキフライなど

  好きな物を思いっきり食べました(内心 その後どうなるかと

  びくびくしていましたが 今のとこ元氣です)

  

  

 

  やっぱり クリスマスにケーキは嬉しいゆう★

  

  

  

| マクロビのおすすめ | comments(0) | -

 

  昨日に引き続いて お味噌汁のお話です

  いろんな種類のお味噌がありますが

  毎日 飲むのにおすすめなのが

 

  麦味噌です

 

  原材料は 大豆・大麦・塩だけで作られたもので

  最低でも一年は寝かせたもの できれば二年

  三年と寝かせたものは なおいいです(なかなか

  売っていないけど)

  そして 杉樽熟成のものがあれば 最良です

 

  同じ味噌として売られてはいても お砂糖や

  アルコールなどが加えられていたり

  醗酵を早めるための薬が使われていたり

  添加物が入っているような お味噌と

  昔ながらの材料・製法で作られた味噌とでは

  身体に与える影響がまるで違ってくるので

 

  良いお味噌は 少し高いかもしれないけど

  お味噌汁は血液やリンパ液にダイレクトに

  影響を与えるものだから 良い物を選ぶことが

  大事だと思います。

 

  でも 残念なことに 自然食品店に売られているような

  お味噌でも どんどん質が悪くなってきてしまっている

  そうなので これからは個人店で売られているものか

  自分で手作りしていくことが必要な時代なのだそうです

 

  私は去年の大晦日にはじめて味噌を仕込んだのだけど

  ちょうど 豆をつぶし始めたころに喘息の発作が

  出始めてしまって 喉元をヒューヒューいいながら

  味噌を仕込んでいて 結局 途中からは 見かねた母が

  一人で仕込んでくれ その後 私は入院となり

  正月を病院で迎えるはめになってしまいました

  

  そんな思いでとともに 作ったお味噌が もうそろそろ

  一年がたつので 食べられるのかなと楽しみでもあるのだけど

  はじめてなので どんな感じになっているのかと

  なんだかテストの結果を待っているような感じです笑い

 

  それでは おすすめの味噌の話にもどりまして

  麦味噌以外に おすすめなのは

  

  豆味噌 原材料は 豆麹・豆大豆・食塩

  麦味噌よりも 陽性で男性・アスリートの人におすすめ

  身体を温める力が強いから 寒い季節向き

  男性がとると性能力を高め 強くしてくれるそうですが

  女性がとりすぎると 身体つきなどが 男らしくなりすぎて

  しまうそうです

  子供も毎日 取り入るのは陽性すぎてしまい 陽すぎると

  身長が伸びないなんてこともあるそうです

  年配の方にも強いことが多いから 陰性な薬味を増やしたり

  あまりとりすぎないほうがいいそうです

 

  そして 次におすすめは 白味噌

  原材料 白米麹・豆大豆・食塩

  他のお味噌と違って 熟成期間が一か月以下と短いから

  中和作用・浄化作用は低め

  いい意味で陰性さをもっているから 女性や春に使うのが

  おすすめだけど 毎日使うには 陰性すぎるので

  時々 使うくらいがいいようです

  身体・氣持ち・発想をやわらかくしてくれるそうです

 

  それから麦味噌が手に入らない時におすすめなのが玄米味噌 

  原材料 玄米麹・丸大豆・食塩

  麹が穀物のものが毎日使いの味噌汁にはおすすめになります

  

| マクロビのおすすめ | comments(0) | -

 

 

  日本のご飯の定番メニューでもある お味噌汁ですが

  実は とってもすごい力があって マクロビでは

  玄米と同じくらい もしかしたら それ以上くらいに

  おすすめされているものです。

 

  良いお味噌を使って丁寧に作られたお味噌汁を一日一杯

  取り入れていくだけでも 良い血液になり 身体は

  どんどん元氣になっていくといわれています。

 

  味噌は身体を温めてくれる陽の力をもっているから

  寒い今の季節には いっそう おすすめで

  味も少し濃いめがあう時期です。

  逆に暑い夏場は 味も薄くする方が体にはあいます。

  私は寒い時は一日一杯〜二杯

  暑い時は一日一杯取り入れるようにしています

  (暑い時期は味噌汁の他に醤油や梅干しで味をつけた

  スープをのんだりしています)

 

  男性は女性よりも 少し濃いめの方がいいそうです。

  女性で体温が36度6分以下の場合は

  少し濃いめの味噌汁にすると 体温が高くなるそうです。

  (36度6分こえくらいの体温が女性では必要だそうです

  年配の方は36度5分くらいでも 男性は女性より少し高めの

  体温がいいようです)

 

  味噌のすごいところ 

  身体によくないものを中和してくれたり 排出してくれる

  新陳代謝を助けてくれて 栄養を吸収しやすくする

 

  マクロビでは 負担が大きいから できるだけ避けましょうと

  いわれる代表格のひとつでもある お砂糖やブドウ糖などの

  単糖類を中和してくれるそうで 私は甘い物を食べた時は

  いつもより 少しだけ 味噌の味を濃くして味噌汁を

  作って食べるようにしています。

 

  過剰なタンパク質・食品添加物・過剰な塩分・動物性の食べ物に

  多い利用できないミネラル・有害金属などを排出してくれ

  放射能にも効果があるのだとか

  カナダのレントゲン技師は 放射能の害を防ぐために必ず

  味噌スープを飲んでいるのだそうです。

 

  味噌には吸収しやすいタンパク質も沢山 含まれているから

  動物性の食べ物をあまり食べない マクロビ食には

  なくてはならないタンパク源でもあります

  (寒冷化にともない 完全ベジタリアンはやめた方が良いと 

  今はいわれていますが)

 

  消化を助けてくれるので 食事の最初にお味噌汁を

  飲むのがおすすめです。

 

  

 

  

 

  

 

  

| マクロビのおすすめ | comments(0) | -

 

 

  消化があまり良くない 玄米には 消化を助けてくれる

  ものを一緒に食べるのがおすすめです

 

  ごま塩・ゆかり・鉄火味噌・ローストパンプキンシード(かぼちゃの種)

  お漬物・納豆・醗酵食など いろいろあるけど

  特に おすすめなのが ごま塩になります

 

  ゴマのカルシウムと塩のナトリウムが油分にとけて

  細胞を引き締めたり 心臓の締める力を強化してくれ

  血液も濃くしてくれるのだそうで 玄米の脂肪分や

  でんぷん質の消化も助けてくれます

 

  ごまはカルシウムも豊富で脂肪分には若返りの効果もありだとか

  肌にも髪にもよいそうです

 

  黒ごまは腎臓を強くしてくれ 白ごまは美肌におすすめだそうです

  私は 暑い時期は 白ごまでごま塩を作って 寒くなってくる

  秋冬には 黒ゴマでごま塩作りをしています

 

 

 

  ごま塩はお店でも売ってはいるけど 手作りのものの方がより

  おすすめです

 

  作り方

 

  ごま14:天日塩1の割合で作ります

 

  まず 塩をフライパンで さらさらになるまでいります

  それをすり鉢にいれて 細かくすります

 

  次にゴマをいっていくのだけど 最近のゴマは高温で乾燥されて

  いるものが多く 乾燥しすぎているため そのまま火に

  かけてしまうと上手くできないので

  少量の水をゴマに加えてから フライパンでいっていきます

 

  香ばしい香りがたつくらいまで 軽くいったものを

  塩をすった すり鉢の中にいれてすっていきます

  このとき ごまの油分がでないように 軽い力ですっていき

  ごまの粒がなくなって ふんわりしてきたら 出来上がりになります

 

  

  

| マクロビのおすすめ | comments(0) | -