PROFILE
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECOMMEND
ブログランキング参加しています ポチしてもらえると嬉しいです
ネットショップ/ハンドメイドサイト
                                                                                        minne
ツイッター
LINKS
OTHER


MOBILE
qrcode

 

 

  明日は新月ですねはは

 

  新月や満月の日は パワーストーンを月光浴させて浄化をしたり

  ムーンウォーターを作ったり 新月の日にお願い事を書いて

  その書いた紙を満月の日に焼くことによって 

  願い事がかなったりするというので いつも新月と満月の日は

  意識していたりするのだけど

 

  マクロビ的にも新月・満月は意識した方がいいようで

 

  特に寒い季節の新月の日は 年配の方や身体が硬い方などは

  注意が必要で身体が冷えてしまってくるから 

  血管がしまってきて 血管に老廃物がたまっていたりすると

  ふさがりやすくなり 脳溢血を起こして 倒れやすくなる

  なんてこともあるそうです

 

  そんな新月の日に おすすめなのが 玄米小豆ご飯を食べることで

  (満月の日にもおすすめです)

  身体がしまるので 小豆ご飯で排出の力が強くなって 

  より身体の中を綺麗にしてくれるのだそうです

  身体を温めてもくれて 代謝もよくなり

  身も心からも いらない老廃物を燃焼してくれて

  活力を与えてくれる小豆玄米ごはん これはぜひ活用しなくては と

  私も新月・満月の日には小豆玄米ご飯を食べる日にしようと

  思っています

 

  そんな小豆玄米ご飯の 消化もよくしてくれる

  ごま塩やお漬物と昔ながらの製法 材料で作られたお味噌で

  作ったお味噌汁と食べるのがおすすめです

 

  そして 小豆は寒い地域のとこのものが水氣を排出してくれる

  力が強いので いいそうです

  

  小豆はアクも強いので 浸水させて30分くらいしたら

  お水を一度すてて 新しく水を入れ直した方がよいそうで

  炊くときには小さな昆布と一緒に炊くと やわらかくなるそうですはは

 

  

| 玄米菜食 マクロビが教えてくれた事 | comments(0) | -

 

 

  マクロビやってると タンパク質として取ることが

  多くなる お豆類だけど

 

  豆の取りすぎは 吹き出物や身体の痒み アトピーの

  原因にもなってしまうそうです

 

  山村慎一郎 著 中島デコ 料理 の

  「マクロビオティック望診法 美人のレシピ」より

 

  身体にトラブルがでてくる場所によって その原因となった食べ物や

  そのために弱ってしまった臓器の場所がわかるそうで

 

 

  

トラブルのでた場所 原因となる食べ物 弱ってしまった臓器
おでこ 油脂・砂糖 大腸
目の下の辺 小麦
頬の下の辺 腎臓・膀胱
あご 卵・大豆・チーズ 生殖器・膀胱

 

 上半身(前側)

ごま 膵臓
首の下の辺り 小麦

おへその上の辺り

油脂・砂糖 心臓
手首 ごま 膵臓
手首上辺り 腎臓・膀胱
ひじの内側 ・油脂 肺・大腸・肝臓

 

 

 下半身(前側)

陰部の辺り

・乳製品

肺・大腸・肝臓
ひざ 動物性食品 腎臓・膀胱・脾臓
ひざから下部分 腎臓・膀胱
足首 ごま 膵臓

 

 

 上半身(後ろ側)

背中 腎臓・膀胱
油脂 心臓
ひじ 動物性食品 腎臓・膀胱・脾臓

 

 

 下半身(後ろ側)

おしり 卵・チーズ 生殖器・膀胱・腎臓
ひざの裏 ・油脂 肺・大腸・肝臓
ひざから下部分 腎臓・膀胱

 

 

 結構 豆が原因で身体のトラブルがでてくることが多くて驚きです

 (ゴマもだけど)

 

 特に大豆は脂肪が多いので あまり取りすぎない方がいいようで

 納豆や豆腐なんかは おすすめ度の高い食べ物ではあるけど

 やっぱり バランスが大事なんだなぁと思いました

 

 なので 納豆は大豆のものだけでなく 黒豆や黒大豆が

 原料となってる物も食べたり 一日の中で あんまり豆製品が

 多くなりすぎないように意識するようになりました

 

| 玄米菜食 マクロビが教えてくれた事 | comments(0) | -

 

 

  食養を学ぶようになってから お味噌汁を

  一日一杯はかかさないように 食べるように

  なりました

 

  味噌は動物性食品や砂糖などの体に害をもたらすものを

  取り除いてくれるというし

  放射能や公害物質 化学物質 汚染物質の害も味噌に

  より 取り除かれる可能性があるなんて話もあります

 

  また1960年代のはじめに12年にわたって調査されたもので

  味噌汁を毎日飲んでいる人々にくらべて 飲んでいない

  人々は心臓病にかかる率が43% 胃がんにかかる率が33%と

  いうことがあきらかになり

  味噌を食べていない人は食べてる人に比べて

  脳卒中で亡くなる率が29% 高血圧で亡くなる率が3.5倍に

  増えたという結果がでたそうで

  「味噌汁を毎日飲んでいる人々は 死をもたらすどのような

  病氣にも ずっとかかりにくくなっている」というのが

  研究者たちの結論だったそうです

  

  そんなお味噌汁ですが マクロビ的には いりこや鰹節で

  出汁をとるよりかは 干し椎茸や昆布などの植物性のもので

  出汁をとることをおすすめされています

  私も 干しシイタケや昆布の出汁を使ったりするけど

  出汁なしで作る時もよくあって

  お味噌と一緒に同量の酒粕も一緒に加えていれると

  コクがでて 出汁なしでも美味しく食べれるのでおすすめです

  あと 仕上げにショウガのすりおろしを加えるのも好きで

  よくやります

 

  お味噌汁のお話 マクロビの奥津典子先生のブログでも

  いろんなこと書かれていたことがあったので興味のある方は

  見に行ってくださいませ

  奥津先生のブログは 本当におすすめです

 

     奥津先生のブログへは こちら からいけます

 

  それと 奥津先生のブログの中に異常気象にともなって 

  これからはマクロビも変化が必要となってくる という記事があって

  本当なら 講座を受けた生徒さんしか見れないとこを

  重要なことだからと そうじゃない人も見れるようにして

  下さっています(私も講座受けたい)

 

  興味のある方は こちら からいけます

 

  あと 最後に ちょっと前に 中庸へという記事を

  書いたのだけど その中で陰性過多状態だから

  中庸に近づけるために 陽の強いソバを食べていると

  書きました

 

  が

 

  久司先生の THEマクロビオティック という本

  みていたら ソバはエネルギーがつよいため

  非常に陰性 もしくは 陽性に傾いた症状の場合は

  制限が必要である と書かれていたので

  今は 食べるの控えています

 

  

| 玄米菜食 マクロビが教えてくれた事 | comments(0) | -



  なかなかやめられないのが パンやクッキーなどの

  焼いた粉もの

  私も パン できるだけやめようと思って 自分で買うのを

  控えてはみても 家に置いてあるのを見ると

  つい食べてしまいます溜息


  粉食は 減らせれば 減らせるだけ 身体にもいいそうで

  血液や体液 リンパ なんかの質がよくなってくるので

  粉食 やめると 肌も髪も綺麗になってくるのだとか


  そんなこと知ってしまうと 粉やめようと思うのだけど

  パン大好きなもので あるのを見てしまうと ついつい

  食べてしまいます


  そして それが 続くと 身体も息苦しさがでてきたり

  痰がでやすくなったりして やっぱり負担に

  なってるんだなぁと 思います


  お肉も砂糖もやめたのに なかなかアトピーが

  良くならないなんて 時は 焼き粉のものを

  食べ過ぎてる場合もあるそうですようーん



  


  
     
| 玄米菜食 マクロビが教えてくれた事 | comments(0) | -


    痛めた腰は 少しずつ良くなってきました笑い


  そして ただの偶然かもしれないけど 少し

  不思議なことがありました



  母が 私の陶器で出来た ゴマすり器を割って

  しまったのです

  それも 普通に食器棚に戻した時に 何の

  衝撃もないのに バリンと割れてしまったそうです


  そして そのあたりから 何となく 腰の痛みが

  楽になった気がしました


  朝のうちには 立ったり座ったりする時は 柱とかを

  支えにして腕にぐぐっと力を入れてないと出来なかったのが 

  器が割れたあたりから支えなしで 

  立ったり座ったりができるようになりました


  といっても まだ スムーズな動きでなくて 

  じわじわ立ち上がる感じなのだけど溜息


  ただの偶然といわれそうだけど 器が私の力になって

  くれたのかもと思ってしまいました
お願い


  でも お気に入りのごますり器だったから残念溜息


  それでは 今日のお話は 陰陽の体質についてです

  自分は陰性 陽性どっちだうと思った時に

  チェックできる早わかり表があるので のせてきます

  (大森一慧著 からだの自然治癒力をひきだす

  食事と手当から)

  この表では すべての判断はできないけど おおざっぱな

  傾向として見てください



  
チェック項目 陽性 中庸 陰性
まぶたの裏の色 赤っぽい 薄いピンク 白っぽい
(貧血がある)
顔色 赤ら顔 薄いピンク 青白い
声の力 大きすぎる 力強い かぼそい
話すスピード 早口 普通 遅い
行動 せっかち リズミカル スローモー
食欲 大食 普通 小食
大便の量 
硬さ 色
小ない 硬い
黒っぽい
バナナ大で普通の硬さ 黄色か
こげ茶色
多く ゆるい
白っぽい緑便
 
尿の量 
回数 色
少ない 
一日 二〜三回
濃いビール色
普通
一日 三〜四回
薄いビール色
多い
一日 五〜六回以上
薄くて 赤っぽい


   
  



  
| 玄米菜食 マクロビが教えてくれた事 | comments(0) | -