雑貨とマクロビ
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
陰と陽

 

 

 マクロビでよくでてくる言葉

 陰性と陽性 そして中庸

 

 すべてのものに 陰陽があり 食べ物にもそれぞれ

 陰性のエネルギーをもつもの 陽性のエネルギーをもつもの

 そして その間の中庸のエネルギーをもつもの

 があるのだけど いきなり 陰とか陽とかいわれても

 どれがどれだか という感じになると思います

 

 天に向かってのびていく葉菜は陰性で

 地中深く根をのばす根菜は陽性になります

 (じゃがいもとかさつまいもとか そうじゃないものもあるけど)

 

 そして水分が多い物は陰性

 少ないものは陽性で

 

 色も陰陽を表していて(あてはまらないものもあるけど)

 黄色・だいだいろ・茶色・赤は陽性

 紫・藍・青・緑は陰性になります

 

 形では 広がっているもの・細長い物は陰性

 まるく縮こまっているものは陽性です

 

 あと とれる場所や季節によっても陰陽があって

 熱帯など暑いところでとれるものや暑い季節にとれるものは

 陰性の食べ物が多く

 寒い場所や季節にとれるものは陽性のものが多くとれます

 

 

 陰性のもつイメージは

 身体を冷やしてくれるもの

 身体をゆるめてくれるものなので

 春から夏にかけて 陰性のものを多めにとることで

 暑い時期をすごしやすくしてくれます

 

 そんな陰性の物も取りすぎてしまうと 身体が緩みすぎてしまって

 顔つきや氣持ちまでゆるんでしまって 身体がだるくて

 動かせないなんて事になったりしてしまいます

 (陽性すぎて動けなくなる場合もあります)

 

 また陽性のものは

 身体に熱をこもらせるもの

 身体をしめる力があるので

 寒くなる秋から冬にかけて それらのものを取り入れていくことに

 よって 寒さに負けない身体にしていくことができるけど

 

 強い陽性のものを取りすぎてしまうと 身体かしまりすぎてしまい

 リラックスできなくて 眠れなくなってしまったり

 口もしまりすぎて すごく無口になってしまったり

 (陰性過多だと しゃべりすぎになったりするそうです)

 氣持ちに柔軟性もなくなってしまって 頑固になってしまったり 

 なんてことになるそうです

 

 

 

 

 とりあえず 陰陽表を書いてきます

 (オーガニックベースさんの 朝昼夜のマクロビオティックレシピ)という

 本を参考にして書きました

 この本は春夏秋冬に合わせた朝・昼・晩にあうレシピが掲載されているだけでなく

 マクロビの考え方や 食べ物の知識のことなど 読みやすく書かれていて

 とてもおすすめの本です

 この本は 最近 加筆訂正されて新しく出版されていて 私も加筆されて

 いるとこが すごく読みたいのだけど 多分レシピ一緒だろうなと

 思うと買うのをためらってしまっていますが

 マクロビに興味あって レシピ本が欲しい方は おすすめの一冊です

 

 本のページ(アマゾン) は こちら からいけます

 

 

極端に陰性

生クリーム・牛乳・アイスクリーム・白砂糖・ブドウ糖液糖

ステビア・はちみつ・アルコール・チョコレート・じゃがいも

なす・トマト・ほうれん草・アボカド・にんにく・いちじく

バナナなど熱帯果物・生のナッツ・脂肪のおおいもの・精製酢

精製油(生)・ウーロン茶・抹茶・コーヒー・カレーなどのスパイス・マヨネーズ・ケチャップ・電子レンジ調理のもの・添加物の多く・たばこの副流煙

強い

陰性

精白うどん・白米・精白粉・ハト麦・きのこ類・さつまいも・里芋

にら・黄大豆・豆乳・油あげ・メープルシロップ・甜菜糖・みりん

バルサミコ酢・わさび・マスタード・しょうが汁・玉ねぎ(生)

レモン・みかん・桃・すいか・ぶどう・果物全般・オリーブオイル・紅茶

中庸

(やや陰性)

とうもろこし・丸麦・もやし・セロリ・カリフラワー・ブロッコリー

レタス・春菊・小松菜・かぶの葉・大根菜・大葉・大根(生)

麦味噌(熟成一年未満)・白味噌・ひよこ豆・枝豆・絹さや・海苔

わかめ・干し椎茸・麦茶・玄米甘酒・りんご・寒天・洗いゴマ

長期熟成穀物酢・豆腐

中庸

(やや陽性)

玄米・にんじん・ごぼう・大根・レンコン・自然薯・玉ねぎ・キャベツ・南瓜・さやいんげん・いりごま・切干大根・高野豆腐・納豆

葛・黒豆・小豆・天日塩・伝統製法の醤油・梅酢・番茶・蕎麦

二年以上熟成の麦味噌・豆味噌・昆布・ひじき・あらめ・長期熟成の梅干し・玄米飴

強い

陽性

自然海塩・玄米粉・きな粉・クッキーなどの焼き菓子・ドライフルーツなど乾燥したものをそのまま食べる・甘栗・ローストナッツ・米飴

熟成一年未満の梅干し・しょうが・干し芋・せんべい・白身魚・たこ

いか

極端に

陽性

精製塩とそれを使った加工品・卵・塩けの強いチーズ・牛肉・豚肉の赤肉・鶏肉・海老・蟹・貝・魚卵・赤身魚・青魚・ポテチなどの塩の強いもの・高温で焼きすぎたもの・たばこの主流煙・添加物の一部

   

 

 なるべく陰陽が強すぎるものの食べ過ぎをさけ 中庸に近い物を食べていくと

 身体に負担がかかりにくいのだけど だんだんと気候の変化にともなって

 亜熱帯化・亜寒帯化が進んできている現代は 今まではさけた方がよいとされてた

 強い陰のもの 強い陽のものも少しとりいれていく方がいいそうで

 暑い時期にはトマトやナスなどを火入れして食べるとか

 (でも とりすぎは負担になるけど)

 

 

  これまでのマクロビでは 玄米菜食をベースにして動物性は時々 少量の白身魚を

 食べるという食べ方がおすすめされてきたけど

 気候の変化にともない これまでよりも少し動物性のものを増やした方が

 よい場合もあるそうで お魚も白身魚だけではなく青魚も時おり

 食べるとか 卵も春と秋が旬なので その時期に質の良い卵を

 少し食べるのもいいそうです

 それと 動物性の食べ物は醗酵させたりして食べるとより いいそうで

 醗酵食品である質の良い鰹節もおすすめされていたので 寒くなってきたら 

 分搗き米に おかか のおにぎりも時々作って食べてみようと思っています

 

 動物性も少しは必要になってくるといっても 今の日本の気候だと 

 まだお肉ほどの強い陽のエネルギーのものは負担になりやすいとのことですが

 

 そして 畑の土壌が弱くなってきているのもあって お野菜の質もだんだんと

 弱くなってきているので それをおぎなうためにも

 味つけも少し濃いめにしてみたりした方がいい場合もあるそうです

 

 季節や気候に合わせた食べ物をとりいれることは とても大事なことではあるけど

 今は夏なんだから こういう食べ方じゃなきゃ と決めつけることは

 よいことではなく 特に異常気象が多い現代の気候は 夏なのに夏っぽくなくて

 なんだか秋っぽい気候といった時は 秋の食べも取り入れた方が良い場合も

 あるそうです

 

 もちろん気候だけでなく 自分自身の今の体調もみきわめるのが大事で

 身体は陰性過多の状態なのに 夏だから陰性のものを沢山食べないとっと

 やっていくと 陰性過多の状態が もっとひどくなってしまって より調子が

 悪くなるなんてことにもなってしまいます

 

 気候とか今の自分に合わせた食べ方を取り入れていくって なかなか難しくて

 とにかく 経験をつみながら身につけていくしかないそうで

 

 今は陽が必要だから塩を強めに味付けして 根菜食べて みたいな

 感じで 頭であれこれ考えていくと 結構 間違った判断をしてしまう事もあるので

 理想は 季節にあった食べ方や自分の調子にあった食べ方が 考えなくても

 自然と食べたいと欲するようになっていくことで 

 

 そうした正しい判断は 最初はできなくても 食養を続けていくうちに 頭で

 ああだこうだと考えなくても だんだんと感じ取る力というものが

 身についていくそうです

 

 今の私は まだまだ 頭で こうした方がいいかな それとも こうかな

 みたいな 頭で考える段階なので とにかく つまずきながらも

 経験をつんでいるとこです

 

 

お盆ですね

 

 

  お盆なので おはぎ作りました

  いつもは 小豆を柔らかくなるまで炊いて

  これくらいかな って感じで甘味を加えて

  つくる えらくアバウトな餡子を作っていたのだけど

 

  テレビで 美味しそうな おはぎの作り方をやっていたので

  今回は それを参考にして 作ってみました

 

  

 

  参考にしたレシピは こちら からみれます

  大阪のかわいい おはぎ屋さんのレシピです

 

  レシピだと 小豆250gにたいして グラニュー糖210gだったけど

  私は 小豆250gに 黒糖160gにして作ってみました

 

  いつも 私の作る餡子は 妹からは甘くないと不評なのだけど

  今回の餡子は 甘くて美味しい とわりと好評でした

 

  黒糖だと 甘味にコクがあって美味しかったけど 私好みだと

  もう少し甘味控えめでもいいかな という感じで

  それだと また 甘くないと言われてしまいそうなので

  次作るときは どうしようかなといったところです

 

  

 

  

極の日

 

今日はめずらしく二度目の投稿です

 

陰陽師の末裔 占導師幸輝氏の属する占導師協会から

こんなメルマガが届いたので シェアします

 

今年の9月19日は 極の日という日だそうで

その極の日にむけての過ごし方を教えてくれる

セミナーのお知らせでした

 

極の日なんて 初耳なので いまいち よくわかって

ませんが 何やらとても 大事な日みたいなので

その日まで どうすごせばよいのか すごく興味あるのだけど

セミナー開催は東京なので さすがにいけませんが

 

とりあえず メルマガの文章のせときます

 

「極(きょく)の日」とは

 

================

 

年・月・日が同じバイオリズムになる

1年に1日だけのスペシャルデー☆

 

 

氣質が【天・水】の方は

【財の年、財の月、財の日】が919日です!

 

 

氣質が【地・木】の方は

【光の年、光の月、光の日】が919日です!

 

 

「極の日」までをどう過ごすかによって

今後の12ヵ月が右肩上がりの運氣に

変わるかもしれないという節目の日!!!

 

 

【極の日】は、その日”だけ”特別に

過ごし方に気を付ければいいということではなく、

【極の日】までにいろんなことに氣づき、

意識を変えていくことが大切です。

 

 

今回のセミナーでは【極の日】の意味、

それまでの過ごし方などを

お伝えいたします(^^)

 

 

 

================

 

【極の日】セミナーin東京

 

================

 

■日時:819日(土)13時〜15

 (受付開始:1245分)

 

 

■会場:貸し会議室ROOMs(ルームス)

    水道橋店

   (東京都千代田区三崎町3-4-10庄司ビル5F

 

 ◎交通アクセス:

  JR中央・総武線 水道橋駅から徒歩2

  東京メトロ半蔵門線 神保町駅から徒歩7

 

 

 

■参加費:4,000

 

 ※当日会場でお支払いください。

 ※3か月分のバイオリズム表プレゼント♪

 

 

■講師:占導師 幸人(ゆきと)

 

 

↓↓↓お申込みはこちらから↓↓↓

 https://eventon.jp/8258/

 

 

 

================

 

極の日 氣になったので 検索したら こんな記事ありました

2015年の時の幸輝先生のブログです

 

ブログはこちらからみれます

 

うーん それにしても 極の日の過ごし方 氣になるなぁ

 

 

 

まだ暑いけど

 

 

  立秋もすぎて 少しずつ秋の食べ方を取り入れて

  いきたいとこなのだけど 果物の食べ方を少し

  迷っています

 

  果物は いつもは りんごをすりおろしたものを

  葛湯と煮るとかして 火入れして食べることが

  多くて 生の果物は たまに少しだけ って感じで

  食べていたけど 今年の夏はマクロビはじめてから

  なかったっていうくらい 生の果物沢山食べました

  (なので 夏の食べ方の結果がでてくる秋がくるのが

  ちょっとドキドキなのですがkyu)

  でも 生の果物はみずみずしくて美味しくて幸せって

  感じでした

 

  立秋をすぎてからは すいかとか ウリは食べるのを

  やめたけど りんご はもう少し 生で食べたいなぁ

  もうやめた方が身のためかなぁと 迷いつつも

  今日もまた 食べてしまいました(だって 美味しくて)

 

  でも去年のように いつまでも体を冷やす食べ方をして

  秋に喘息ざんまいにならないようにしたいので

  遅くても 八月半ばくらいには 果物を生で食べるのは

  やめようかとは思っています

 

  といいつつ 秋にやってくる 柿も食べたいと未練たっぷりで

  柿は特に肺を病んでる人には 食べない方がよいもので

  マクロビ始めた年は まだ食べ物が体にあたえる影響の大きさに

  氣づいていなくて 何度か少しだけと いいわけしつつ

  柿を食べたりしたのだけど

  柿を食べた日は もれなく夕方から発作がおきてしまって

  夜中の間 シンドイ思いしつつ 後悔するというのを繰り返して

  いました

 

  去年は 調子が悪かったから 結局 一つも生の柿は食べれず

  じまいで (干し柿は少しは食べていいので 干し柿は何度か

  食べました)

 

  今年は 一つくらい食べれたらと思いながらも やっぱり

  今の私には 早いかなぁ もっと健康になるまでの辛抱かなぁと

  いったところです

 

  生の柿が食べられなくなったかわりに 干し柿の美味しさを

  知ったから それはそれで良かったかなという面もあるし

  とりあえず 食べられない=辛いって思ってしまうと

  本当に辛くなりそうなので まあ そのうち食べられるように

  なるさ というスタンスでやっていこうと思っています

 

  

土用の時

 

  土用の時です

  年に四回はやってくる この土用の時期は物事が

  うまくいきにくかったり 甘い物が食べたくなってしまったり

  眠くなったりなど 停滞のシーズンといわれています

 

  この時期には 穏やかな甘味をもつ野菜を食べると

  いい時で 南瓜や人参 玉ねぎにキャベツなど

  じっくり火入れすると甘くなる野菜をとるのが おすすめです

 

  そして その甘い野菜を使ってつくる甘い野菜のスープと

  いわれる薬膳のスープがとても おすすめです

 

    

 

  スープにしてとることで 濃縮されて吸収も早くなり

  より効果がでるのだそうです

 

  このスープは空腹時に飲むのがおすすめで 昼下がりに

  一回か 朝晩の二回飲むようにします

 

  甘い物がきれると 食べたくてしかたがなくなる時などに飲んだり

  すると症状がやわらぐそうです

 

  また普段から野菜の甘味をしっかり食べていくようにすると

  (野菜だけでなくご飯も甘くなるまでよく噛んでたべたりすると)

  お砂糖を使った甘い物にたいする欲求がへらしていけるそうです

 

  甘い野菜のスープの作り方

 

  玉ねぎ・キャベツ・南瓜・人参のみじん切りをカップ四分の一

  ずつ用意します(南瓜・人参は皮はむきません)

 

  そして 玉ねぎ→キャベツ→南瓜→人参の順に鍋に重ねていきます

 

  そこにカップ4ほどの水を静かにまわしいれて中火にかけます

 

  沸騰したら とろ火にして 蓋をして くつくつと20〜30分ほど

  煮ていきます

 

  それをあついうちに漉して出来上がりです

 

  このスープは冷蔵庫で2〜3日はもつので 多めに作っておいて

  飲むこともできます(その時は温めて飲みます)

 

  私もマクロビ はじめたころは毎日飲んでいて その時は

  新鮮な物が飲みたいと思って 毎日作るようにしていたのだけど

  毎日だと 面倒になってくるし 漉した後の野菜をたべるのも

  なかなか大変になってきて いつのまにかやめてしまって

  たまに思いだしたように作るくらいになっていたので

 

  新鮮とかこだわらないで 多めに作って3日続けて飲むのを

  週一回くらい(冬は二週に一回くらい)を習慣にしてみようかなと

      思っています

 

  このスープはより副作用がおきにくく 長く飲めるようにと

  考えられたスープといわれていますが 少し陰性にする

  スープでもあるので 陰性の症状が強く出ている時や

  飲んでも美味しいと感じられない時は飲むのをやめた

  方がよいようです

 

 

  漉した後の野菜は 味付けして そのまま食べたり

  ご飯と一緒に炒めて 焼き飯などにして食べたりしていました

 

  

 

  水分を含んでいるので しっとり焼き飯ができます笑い

 

  そのほかに 土用の時期に おすすめの野菜は 丸みがある野菜で

  かぶ ラディッシュ ブロッコリー カリフラワーなど